MENU

Stable Diffusionで画像を作る方法

Stable Diffusionで画像を作る手順とコツをまとめます。

Stable Diffusionで画像を生成する手順

  1. ログイン: Dream StudioなどのWeb版Stable Diffusionサービスにアクセスし、メールアドレスやGoogleアカウントを使用してログインします。
  2. テキスト入力: 画面下部にあるテキスト入力ボタンを使用して、生成したい画像のイメージに合わせたテキストや単語を入力します。英語での入力が必要です。
  3. 画像生成: 入力したテキストの隣にある「dream」ボタンをクリックします。数十秒から数分待つと、生成された画像が表示されます。
  4. スタイル選択: Dream Studioでは、イラストのスタイル(アニメ調、リアル調など)を選択することもできます。

画像生成のコツ

  1. プロンプトの優先順位: 入力するテキスト(プロンプト)は、先に入力されたものが優先されます。重要なキーワードは先に入力すると良いです。
  2. 括弧と数字で強調: 特に重視したい単語は括弧で囲み、数字を付けることで強調できます(例:(Planet1.2))。
  3. 単語数の制限: 入力する単語数は75個以内にすることが推奨されます。75個を超えると、指示が分割されてしまう可能性があります。
  4. ネガティブプロンプトの活用: 画像の品質を向上させるために、「worst quality」や「low quality」などのネガティブプロンプトを使用することが効果的です。
  5. 拡張機能の利用: 毎回ネガティブプロンプトを入力するのが面倒な場合は、拡張機能「EasyNegative」などを活用すると便利です。

Stable Diffusionを使用して画像を生成する際には、これらの手順とコツを参考にすると、より効果的に望む画像を作成することができます。特に、テキスト入力の際の工夫は、生成される画像の品質と関連性に大きな影響を与えます。

目次

まとめ

ポイントを簡潔にまとめます。

Stable Diffusionの概要

  • テキストベースの画像生成: ユーザーが入力したテキストに基づいて、自動的に画像を生成します。これにより、非専門家でも簡単に高品質な画像を作成できます。
  • 商用利用の可能性: 基本的には商用利用が認められており、ビジネスの幅を広げるためのツールとして活用できます。

商用利用時の注意点

  • ライセンスの確認: 商用利用が認められている場合でも、利用規約やライセンス条件を確認し、遵守することが重要です。
  • 著作権侵害の回避: 生成された画像が他人の著作権を侵害しないよう、特に注意が必要です。既存の著作物を模倣するような画像の生成は避けるべきです。
  • 法的な責任: 商用利用においては、生成された画像の使用に関して法的な責任を負う可能性があるため、法的なアドバイスを受けることも検討すべきです。

Stable Diffusionは、そのアクセシビリティと柔軟性により、多くのクリエイティブな用途に適しています。しかし、その使用には法的および倫理的な配慮が伴います。特に商用利用の際には、関連する法規制やガイドラインを遵守することが重要です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次